FC2ブログ
映画【ターミナル】
これは他のブログスペースに書いた過去の文章の移転記事です。


続き、読んじゃう?↓






見たばかりだというのに危ない危ない。

ストーリーを忘れてしまいそうです。

あ、ネタバレはあるかもしれないのでその点

知りたくない方は注意してください。



映画『ターミナル』


あまりに感動的なムード満載のTVCM。

あれに私の心は鷲掴みにされました。

グワシ。うめづかづお



基本的に「お涙頂戴もの」大好きな私は、

キャモンベイベ、な勢いで

ウォータープルーフマスカラ、ハンドタオル標準装備で鑑賞。



高校の同級生二人も伴っていったので

「これはやつらの泣き顔も見れるのではないか」

なんて淡い期待もいだきつつ。



設定は、とってもよくできてた。

飛行機に乗ってアメリカに来る間に母国が崩壊&内乱状態。

よって国を持たないトムハンクスは、

国にも帰れない、アメリカにも入れない。

空港の偉い人に、ターミナル内に居るように命令され、

英語を話せないトムの奇妙な空港暮らしがスタートする・・・



設定としては完璧だし、

4分割したところの2番目あたりの

コメディータッチのドタバタもとても面白くよくできてる。

でも、

まず、ゼタ(キャサリンゼタジョーンズ)との恋愛

(4分割したところの3番目くらい)は

結局訳ワカラン状態で終了だし、

空港を出るシーン=アメリカに入国するシーンも

感動的には描かれていなかったように思う。

目的を果たす、という意味でも必要だったNYのシ-ンも

もうちょっと描き方があったのではないのかねぇ

って思ってしまう。設定がよい分もったいない。



何も「泣けなかった=ダメ映画」って言ってるんじゃない。

いろんな「ステキ要素」を生かせてないのだ。



他にも微妙に突っ込みたいところ

(ex:JFKは国際空港だから

 アメリカへの入国がドア一枚になってるのはどうなのかなぁ・・・)

なんかもあったけど、それは私が判ってないだけだったり、

あとは「作り物」として突っ込んではいけないところとして

わかってるにょ。それくらいのマナーは持ち合わせてます。



とにかく、もったいない点いっぱいのこのターミナル。

感動して涙ポロっとしてしまったところは

「薬男事件」だけでした。

(知りたい方はビデオでも見てね。)



点数を付けるなら・・・55点。

トムの演技のうまさ、空港を作っちゃったあたりのスペクタクル、

コメディータッチのところの面白さ、ナルホド感があったところ、

などに加点。

CMの作りの詐欺っぽさ、さまざまなもったいなさに減点。



『見たい方は、ビデオ、DVDを借りてドウゾ』な作品でした。
スポンサーサイト



未分類 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/01/05(水) 00:39:47
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monossoy.blog17.fc2.com/tb.php/2-96e5dc2e
トラックバック