FC2ブログ
映画【ハウルの動く城】
これは他のブログスペースに書いた過去の文章の移転記事です。

ハウルかっこよかったよ(ホレボレ

続き読んでくださいな↓





この映画は見る前の期待が低かったのです。



私はアニメの声に芸能人を使うのには反対です。

それと同時に、声優が顔を出して芸能人気取りをするのも、

どうなのかなぁっておもいます。

有名になるにつれて自分を出したいのは判るので

反対まではいえないけれど。



今回はハウル役に木村拓哉・・・

アクが強いと言うのとはまたちょっと違うけれど

メディア出ずっぱりのキムタクでは、

その人のイメージが強すぎて、

「いやだなぁ」って思ってた。



見る直前に、ソフィー(ヒロインのお婆さんになっちゃう女の子)

の声が倍賞千恵子って知って

「おいおい!」

って感じでした。

倍賞千恵子って、おばさんからおばあさんの中間くらいの年齢でしょ?

(勝手なイメージだけど・・・)

18の子の声をやらすってどうなの????



そんな訳で見る直前にさらにトーンダウン。



始まって早々に、ソフィーの声にがっかり。

どうしても18には聞こえないし、

倍賞千恵子さんの顔が浮かんでくる。



ソフィーの顔がかわいくないのも、

ちょっとなぁ・・・・

美人だったら設定にそぐわなくなってしまうから仕方ないのかもだけど、

もうちょっと「普通の」女の子レベルで描けなかったのかな?

ナニあの眉毛・・・

眉毛濃いとブサイクみたいな描き方ヤメテーーー


そんなこんなで始まって、

ハウルが登場するわけですが、

ハウルの登場してから次の登場シーンまでの

一回目の登場は、思いの外よかった。

キムラキムラした声じゃなかった。

で、「かああああっこいいいいいぃぃぃぃ!」

って思った。

ハウルかっこいい

って感じ。

(後半はすっかりキムタク声になってました)

でも、かっこいいキャラが見たくて宮崎映画見ないから

ストーリーに期待してた。



でも、

それだけだったんです。

「動く城」の作りは面白かったし、

細かいエピソードも面白いものはあった。

でも、

納得のいかないストーリー展開とエンド。

ええ!うそん!そんなもん?

宮崎映画らしさを期待してはいけないのかな。



今回は「反戦」ムード満載だった。

そのことを取り入れたいのはわかるけど、

もうちょっと自分の世界のなかで描けたのでは・・・・



その後にテレビで見たラピュタの方がすっと

「戦うってイヤだな」

って思ったし、感動できたし、残るものも、考えるものもあった。



若いときに作ったものに対する評価が上がらば上がるほど

宮崎さんは追い詰められてるのかもしれないね。

年をとればとるほど、

想像の枠が狭まってくる。

それはわたしも感じてる。

限界があることを知ってしまうからなのか、

夢を見れなくなるのか。



ぜひ、無駄なプレッシャーや過去のしがらみにとらわれることなく

(これが難しいって知ってるけど)

すばらしいものを生み出して欲しいね。



点数付けるなら、60点。

CGは使わないで欲しいなぁ・・・





城の走り方に爆笑(笑)
スポンサーサイト



未分類 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/01/05(水) 00:42:32
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monossoy.blog17.fc2.com/tb.php/3-4fc80b9e
トラックバック